メニュー

過敏性腸症候群(IBS)について

こんな経験がある人は過敏症症候群(IBS)かもしれません

  • 通勤や通学の途中の電車や車の中でお腹が痛くなる。
  • 試験、試合、大会、発表会などの前に急にお腹が痛くなる。
  • 大事な会議でお腹が痛くなる。
  • 旅行中にお腹が痛くなる。
  • 慢性的に下痢や腹痛、便秘が起きる。
  • おならがでる。

過敏性腸症候群(IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。

大腸カメラなどの検査を行っても炎症や潰瘍といった粘膜の異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛などによる下腹部の張りなどの症状が起こります。

原因については、ストレスなどによる、腸の運動を司る自律神経に異常きたすためと言われています。

過敏性腸症候群(IBS)の症状

下痢型 泥状便や水様便が多く、男性に比較的多いタイプ。
便秘型 硬い便やコロコロ便が多く、女性に多いタイプ。
混合型 便が柔らかくなったり、硬くなったり交互するタイプ。
その他 その他 上記どれでもないタイプ。

過敏症症候群(IBS)の治療について

ストレスや生活の乱れによって起こることが多くありますので、まずは、生活習慣の改善指導をおこないます。最近では、薬物による治療についても効果の高いものが出てきましたので、投薬による治療も行います。また、場合によっては、漢方による治療もおこないます。

※便に血がまざったり、体重がへってきたり、夜中にもお腹が痛くなったりといった場合は他の大腸の病気の可能性もあります。必要に応じて検査や病院への紹介をすすめています。

IBSネット 下痢症情報ナビ

診療時間

診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

アクセス

クリックしてGoogleMapを表示

所在地

5008361
岐阜県岐阜市本荘西3-118  

交通

岐阜バス森屋バス停から徒歩5分

電話番号

058‐255‐2505

 

岐阜市本荘周辺で内科、消化器内科、循環器内科をお探しの方はよしだスマイルクリニックにご相談ください。内科系疾患、消化器系疾患、循環器系疾患の診療、治療に加えて当院では鼻から行う胃カメラにも対応しています。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME